GoPro

【GoPro Hero7】ナイトラプスで星空や花火を綺麗に撮る方法!

Filmo!編集長のタローです。

皆さん、GoProを使って星空や花火を綺麗に撮る方法を知っていますか?

GoProといえば、迫力のある映像を撮ることができるアクションカメラとして知られていますが、それ以外にもGoProは夜空や花火の写真も実はしっかり撮ることができるんです!

その機能が「ナイトラプス」という機能です。

「ナイトラプス」を駆使するだけで一風変わった写真を手軽に撮ることができます。

今日は夜空や花火などの暗いところの撮影でも活躍する「ナイトラプス」の撮影方法を紹介していきます!

夜景や花火などもGoProで撮れるナイトラプスとは

ナイトラプスとは、夜空などの暗闇などでも美しく撮影してくれる機能です。
夜景や花火、星空などといった暗いところで撮影をする際は、ナイトラプスを使うことで綺麗に撮影することができます。

またこのナイトラプスの機能は、光の吸収具合などを設定することが出来ます。
その設定具合によって、星空を撮ったり、花火を撮ったりすることもできます。

このナイトラプスモードは、デジカメなどで言う「夜景モード」に近いものです。
しかし、GoProのナイトラプスはコンパクトなGoProなのに迫力のある綺麗な写真を撮ることができます。

ナイトラプスの設定方法

GoProでナイトラプスを撮影するにあたっていくつか準備しなければいけないことがあります。

まずナイトラプスモードを使用する際は普通の動画を撮影するような感覚とは違い「30秒の1秒だけシャッターを切る」などいった特別な撮影方法になるので、ちょっと時間のかかる撮影方法になることを頭に入れておいて下さい。

具体的にナイトラプスの設定方法は以下の項目です。

1. ナイトラプスを撮るためのアクセサリー準備
2. 撮りたい夜景の場所へ移動しカメラを設定する
3. GoProの具体的な設定方法

この3つの項目さえ、抑えれば簡単にGoProで夜景や花火などの写真も簡単に撮影することができます。

1. ナイトラプスを撮るためのアクセサリー準備

ナイトラプスで夜景や夜空などを撮影するにあたって、絶対に欠かせないものがGoProを固定するものと、バッテリーが必要になってきます。

・GoProを固定する三脚などのアクセサリー
・GoProに接続するモバイルバッテリー
・予備バッテリー(必須ではないが長い撮影にはあると便利)

以上のGoProアクセサリーを準備しておきましょう。

GoProを固定する三脚などのアクセサリー

GoProでナイトラプスを使って夜景などを撮影する際、ブレてしまったりするとよくわからない画像になってしまいます。
ナイトラプスやタイムラプスを撮影する際は、「定点」である必要があります。
なので、三脚やクリップなどのアクセサリーを使用してGoProが動かないようにしっかり固定してあげましょう。

自分が実際に使っている三脚付きのアクセサリーです。

GoProに接続するモバイルバッテリー

ナイトラプスを撮影する際には、長時間の撮影が必要になってくることがあります。GoProのバッテリーはお世辞にもとても長いとは言えません。
そんな時に、モバイルバッテリーで充電しながらの撮影が必要になってくることがありますのでモバイルバッテリーを持っておくことをオススメします。
またお持ちのスマホでGoProアプリと接続させてGoProを使用する際は、スマホの電池消費も早くなるのでモバイルバッテリーを持っていて損はしないと思います。

予備バッテリー(マストではない)

GoPro用の予備バッテリーは、GoProを駆使していろんな撮影を試みる人であれば絶対に持っておきたいアクセサリーです。
ナイトラプスを撮影するにあたってマストではないですが、持っておいた方がいろんな撮影を試みることができるでしょう。

2. 撮りたい夜景の場所へ移動しカメラを設定する

ナイトラプスで写真を撮りたいと思っている場所に行きましょう。

ナイトラプスで写真を撮る際に綺麗に星空が撮れるのは、「光が少ない場所」です。

なので、山間部や海など都心から離れた場所などの人が少ない場所がオススメになります。
光が少なければ、少ないほど、綺麗な夜空を撮影することができます。

そして、GoProをセットする場所を見つけましょう。セットする場所に三脚などで固定して動かないようにしましょう。

3. GoProのナイトラプスをオンにして撮影を開始!

GoProを横にスワイプすると、動画、写真、タイムラプスモードがあります。
そのタイムラプスモードから左下にある小さなアイコンのところから「ナイトラプス」を選びましょう。

これで夜空や星空などといった暗い場所でも簡単に撮影をすることができます!

しかし、これだけでは…何か物足りないなあと感じる方もいらっしゃるはずです…
そうGoProをしっかりと設定する必要があるんです!そのナイトラプスモードの設定方法を次項で紹介します。

ナイトラプスモードの具体的な設定方法

GoProの具体的設定方法は以下の設定を設定する必要があります。

1. ナイトラプスフォトモードにする
2. 設定からプロチューンをオンにする
3. 撮りたい写真によって3つの設定を変更してナイトラプスを撮る

 

1. ナイトラプスフォトモードにする

GoProを横にスワイプすると、動画、写真、タイムラプスモードがあります。
そのタイムラプスモードから左下にある小さなアイコンのところから「ナイトラプス」を選びましょう。

2. 設定からプロチューンをオンにする

GoProのモードをナイトラプスモードに切り替えたら真ん中の下にあるアイコンから設定を開きます。
そこから「プロチューンをオン」にするを選択しましょう。

3. 撮りたい写真によって3つの設定を変更してナイトラプスを撮る

夜景や夜空などの写真を撮る際の設定でご存知かもしれませんが、ナイトラプスで撮影する際には以下の点を変更して撮影することをオススメします。

・シャッター速度
・ ISO
・フレーム

この3つの設定が変わるだけで写真自体もそれなりに変わってきます。

シャッター速度

カメラのシャッターを開いたままにする速度のことです
開いていればいるほど、光を吸収します
暗めの場所では、長い露出をすることでたくさんの光を吸収します

・フレーム2秒→2秒分の光を吸収
・フレーム30秒→30秒分の光を吸収

ホワイトバランス

写真のRGBを調節してくれるものです。
2000Kに近ければ・・・赤みがかる
8000Kに近ければ・・・青みがかる

ISO設定

ISO高→画像が明るくなり画質が荒くなる
ISO低→画像は暗くなるが画質が綺麗になる

これらのGoProのプロチューンの意味を理解したら実際に写真を撮ってみよう!

実際にGoProで撮影したナイトラプス設定と写真

実際にGoProで撮影した時のナイトラプス設定と写真を公開します。

ファイアーダンス(花火)

花火などのパフォーマンスはとても光の動きが早いので気をつけなければいけないのがシャッター速度です。

シャッター速度→2秒
ホワイトバランス→4500K
ISO→最低値:100、最大値:800

夜空

夜空や星空などといったシチュエーションでは、かなり暗いところで写真を撮影されるので長い間シャッターを開けて光を集める必要があります。

シャッター速度→30秒
ホワイトバランス→4500K
ISO→最低値:100、最大値:800

このような設定で撮影しました。

最後に:使い方さえ覚えればナイトラプスは簡単に撮影できる!

いかがでしたか、旅先でナイトラプス写真を撮影したいなんて思ってても準備さえしておけば簡単にナイトラプス写真を撮影することができます。

GoProアクセサリーの準備

・GoProを固定する三脚などのアクセサリー
・GoProに接続するモバイルバッテリー
・予備バッテリー(マストではない)

GoProのプロチューン設定

・シャッター速度
・ ISO
・ホワイトバランス

この設定さえ覚えてしまえば、簡単に夜景や花火などを撮影することができます。

皆さんもいろんな写真撮影にチャレンジしてみましょう!