動画編集

PVとMVの違いって何だろう?特徴と歴史を徹底解説!【動画コラム】

動画編集していて最近思ったのは、PVとMVの違いってなんだろう?

PVMVの違いですが、youtubeをよく見る方は気になったことあるでしょう。
いくつかの動画ではPVと書いてあったり、他の動画はMVと書いてあったりで、いったい何が違うんでしょうか?

本日はこのPVとMVの違いについて言及していきたいと思います。

PVとMVは違いがあるのかについて

そして、PVとMVの違い気になりますが、一般に音楽ビデオに利用されてることが多いPVですが、別にそれだけで使われる言葉ではありません。

PVとMVに違いは確かにあり、どちらの呼び方しても大した問題がないといったことが結論でしょう。

そして、わたしは初めチョッキとベスト、メーカー、ブランドといったように呼び方違うが意味一緒だと思ってたのですが、実はこのPVとMVには違いがあるみたいです。

今日はもっとPV(プロモーションビデオ)とMV(ミュージックビデオ)について圧倒的な違いやどこからこれらのPVやMVという言葉が来るようになったのかを紹介します。

PVの定義とは

まずPVの意味合いは、プロモーションビデオの略でその名通り販売促進の映像を指します。

よくお店などで流されてる販売促進用映像もPVなのです。

またその他によく見るPVにはテレビで流れているCMなども含みます。pvはプロモの略で、要するに販売促進用映像であり、pvの違いとしてバラエティー番組で30秒程度放送されることがありますが、これはPVとして扱われるのが多いです。

 

MVとは

MVとはミュージックビデオ(MusicVideo)の略で直訳して音楽の映像となり、音楽のために作られた映像です。つまり作品としてその音源マッチする映像を撮影したものです。

そして、MVという言葉自体使われ始めたのは最近で、昔は音楽の映像はすべてPVと呼んでいて、「あの曲のPV見た!」などで使ってました。

そしてPVMVはどう違うのかですが、個人的にMVという言葉に注目し始めたのは岡崎体育のmusic videoです。

MVのことを歌った曲ですが、はっきり曲名にMusicVideoと書いています。

よく音楽CDを買ってみれば、DVDの特典で着いたりしますが、その時のDVDはMVとして扱われたりします。

MVという言葉ができた要因はYoutubeが始まり?

元々は最初はPVと呼ばれていたのですがインターネットが普及されるにつれMVという言葉がどんどん普及しました。

MVという言葉が流行りだした要因に付いてですが、MVという言葉使われてるようになった要因はYoutubeと言っても過言ではありません。

先ほど紹介した、岡崎体育のMusicVideoもその一例です。

いいかえてみればいつでも気軽に音楽の映像みられるようになったのです。

Youtubeを通して、MV(MusicVideo)を配信することによって視聴者をいつでもどこでも獲得することができて、販売促進に繋がるようになりました。

これはテレビのマスメディアとしての権力が少し落ちてきて、Youtubeなどのインターネット動画サービスなどが権力を持ち始めたことも起因しております。

PVとMVの圧倒的な違いとは?

そして、最近ではPVもMVも音楽と映像組み合わせたものが多くハッキリ違いがよくわからないかもしれません。

それは、MVもファンを獲得するための販売促進用映像として公開されるようになったからです。つまりPVの中にMVが含まれているような感じです。

そして、PVとMVの違いですが、実際どちらも似たようなものであり、違いないようおもわれるですが、定義上ではしっかり区別されてます。

圧倒的な違いとしてあげられるのが以下のことです。

PV=販売促進用映像、(CMなど)

MV=ミュージック用に作成した音楽を引き立てるための作品映像。

販売促進のため一種のあおりみたいな要素があって、より観客に対して購入意欲書き立てる映像としてPVがあるのです。

MVはアーティストの映像と音楽をマッチさせた映像を撮影したもので、それに対してPVはどこのに違いがあるのかですが、ほとんどの方はその線引きはっきりしないで、何気なしに使用してるんが現状です。

同じような意味合いで利用してる方が多いですが、厳密に言えばはっきりした違いは一応あるようですね。

最後に:PV=販売促進映像、MV=音楽作品映像

MV、PVは映像制作の目的に違いがあり、MVはミュージック用に作ったものかつ音楽的作品であり、PVは商品を売るための販売促進のための作品であるということです。